中医学と美味しいもの好き


by tonndemon

長夏?からの秋。。。

薬膳学では春夏秋冬の4つに加え、
長夏という季節があります。

中国揚子江エリアでは夏の後、秋の手前に
長雨の続く季節があり、それを長夏という。。

しかし、日本には揚子江エリアはないですよね。
先生によっては日本の梅雨イコール長夏という方も
いらっしゃいますし、
夏の後、秋に入る前を長夏とおっしゃる先生もいらっしゃいます。

薬膳は土地にちなむ。。という考えが基本ですので
雨が続き湿気が多く胃腸が疲れやすい時期を
長夏ととらえて養生することが多いです。私の場合。

って、昨日までのことですか??
9月は行楽日和が多いのが通年ですが
今年は見事に雨続きでしたね。。。

f0213618_07343178.jpg
湿気が多く脾が疲れている時の養生は
食べ過ぎない
よく噛む
甘いもの、脂っこいものを食べない
冷たいものを食べたり飲んだりし過ぎない。。。

などがありますが、発酵食品で胃腸を守るのもいいでしょう。
こちらは自家製のぬか漬けと今年漬けたらっきょう、
きゅうりとみょうがを塩で揉んで梅酢で和えたものです。

そして今日は久々に晴れて空気が乾燥してくると
天気予報で言っていました。

先週、先々週と来てくださった生徒の皆さんは
秋が来たら秋の養生。。。憶えてますよね。笑。

季節の変化に寄り添って
素敵な週末をお過ごしください。



吉田食堂




by tonndemon | 2016-09-30 07:39 | 薬膳Beauty